静岡県にある富士山の麓の小さな工房です。工房は、通り道からは見えない、奥まったところにあります。ソワール・ド・プリュィは「恵みの雨」という意味。すべてのものに感謝し、恵みをいただけるよう願いを込めて名づけられました。ちょっと長いので、「ソワール」と呼んでもらえたら嬉しいです。 はじまりは6年前。ソワールは富士御殿場ゴルフ倶楽部の敷地内で、誕生しました。コツコツまじめに作ったパンやラスクを、はじめはゴルフ場のお客さまが買って下さっていました。そのうち「美味しい」と口コミで広がり、テレビや新聞でもご紹介をいただくように。今では工房を目指して、遠くからお客さまが足を運んで下さいます。 「美味しかったよ」その一言が嬉しくて、手間のかかる作業も頑張る事ができます。機械製品のように、大量には作れないけれど、できるだけたくさんの方に食べていただけるように、毎日せっせと心を込めて作っています。

お知らせ

お知らせ情報: